2014 1月最終週の為替見通し  

Pocket

ドル・円は一時102円00銭まで下落です。

ハッキリ言ってよく分かりません。

こんなに動くなんて、、、この相場に乗れなかった 残念。

1月28-29日の連邦公開市場委員会(FOMC)での100億ドルの

テーパリング(量的緩和縮小)観測から104円84銭くらいまで上昇したんですが、

中国の景況感悪化懸念、信用バブル崩壊懸念を受けたリスク回避の円買いが急速に拡大し、

24日の欧米市場で一時102円00銭まで落とされました。

 

ユーロドル 円 チャート20140125

 

中国関連の話題は難しくてよく分かっていません。

 

来週は、FOMCがありますが、バーナンキさんにとっては最後のFOMCですね。

 

今のところは、テーパリング(量的緩和縮小)100億ドルが予想されていて、

予想通りに100億ドルのテーパリング(量的緩和縮小)が決定された場合は、

ドル買い要因、見送られた場合は、ドル売り要因みたいな感じです。

個人的には、あまりサプライズなしの予想です。

よって、100億ドルのテーパリングで考えてます。

 

中国関連はよく分かっていないと言ってましたが、少しだけ調べてみました。

 

中国工商銀行会長が、31日に満期を迎える理財商品(30億元)の償還について責任を負わない、と表明したことで、

デフォルト(債務不履行)懸念が高まったみたいです。

しかし、28日に中国工商銀行は、一定の責任を表明する模様で注目されています。

31日満期の理財商品がデフォルト(債務不履行)となれば、

パリバ・ショック、リーマン・ショックの二の舞となり、

中国の信用バブル崩壊の可能性が高まるみたいです。

 

FXよりも保有している中国関連の株式のほうがヤバそうです。

ブン投げるしかないのかなぁと思っています。

今は、利益がでているので、利食いしようか悩み中です。

 

最後に、バイナリーオプションの週間収支です。

今月はあまりにも負けていたので、今週はほとんどやりませんでした。

大きく下げたときに円安でエントリーしたやつが取れていたので助かりました。

 
☆☆  sponsor  ☆☆


☆☆  sponsor  ☆☆

2014 4週目収支

 

久しぶりに見る赤文字で嬉しいです。

まぁ、今月はほぼ負け確定の月ですけど、、、

少しでも負債額を減らしたいところです。

あと1週間頑張りましょう!!!

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

「2014 1月最終週の為替見通し  」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です