移動平均線から見るFX相場

Pocket

ここ最近のFX相場ですが、それなりに相場が動いているかと思います。つい先日までは、なかなか動かない相場で取引するのが難しかったかと思います。今回の記事では、移動平均線からみるFX相場について書いています。

移動平均線とは?

移動平均線とは、ある一定期間の値動きを移動させていくことで、値の方向性、トレンドを見つけるものです。チャートに組み合わせるテクニカル分析指標としては人気があると思います。日足チャートであれば、25日移動平均線、75日移動平均線が意識されています。【株式チャートでもよく使われています。】

FXチャート-日足

移動平均線 日足 20151026

移動平均線 日足 20151027

上にUPした日足チャートは、①が先週末くらいのチャートで、②が10/27時点のチャートになります。青ラインが200日移動平均線、赤ラインが75日移動平均線を表示しています。ドル円においては、青ラインの200日移動平均線と赤ラインの75日移動平均線に近づいていたので、一度止められるかと思っていました。

やはり、移動平均線は皆さんが意識しているテクニカル分析ですので当たりやすいのかもしれません。しかし、あっさり外れることもあるので、ロスカット注文は入れておきましょう!

トレンドがつかみやすい?

移動平均線は、ローソク足だけ見ているよりも動き方が単純化されている為、相場のトレンドがつかみやすいとも言われています。今の相場(ドル円)の状態ですと、200日移動平均線が水平状態なのでトレンドが出ていないように感じます。少し短い75日移動平均線は下落気味ですので、短期では下げていると思っています。(あくまでも個人的な考え方、予想です。)

FXチャート-4時間足

移動平均線 4時間 20151026

移動平均線 4時間 20151027

日足チャートよりももっと短いチャートで4時間足チャートを表示していますが、①と③、②と④が同じ時間の値動きになっています。ドル円ですと120.50円が超えることができなかったのですが、ようやく超えることができたのですが、次に121.50円で止められる形になりました。

4時間足チャート見ていると

ドル円、ユーロドルのどちらもですが、テクニカル分析のRCIを組み合わせてみると、エントリーしてもいいかも?と思わせてくれます。短いトレードなら少し遊んでみようかと、、、

ドル円のRCI長期線が上にあって、短期線が下にあるので、押し目買い???

【FXチャートにテクニカル分析-RCIの組合せ】

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 注意点ですが、

 当ブログの記事などを利用してトレードで

 損失が出ても一切の責任を負いかねます。

——————————-参考————————————-

JFXさんの未来チャートは何が違う?

いつも使用している未来チャートはFXTFからリリースされているものを使用しているのですが、JFXさんからも未来チャートがリリースされています。JFXさんから未来チャートがリリースされていることは知っていましたが、中身は確認していなかったので、今回はJFXさんの未来チャートの中身を確認してみました。 【続きを読む】

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です