FXとんでもない値動きを確認!!ユーロ/スイス編

Pocket

先週のユーロ/スイスがとんでもない動きをしていました。

 

ニュースからですが、

2015年1月15日(木)、SNB(スイス国立銀行[スイスの中央銀行])は、スイスフラン高を進ませないために、ユーロ/スイスフランで設定していた防衛ラインの撤廃を発表。

これにより、急激なスイスフラン高が進み、

ユーロ/スイスフランは短時間のうちに大暴落。

経緯ですが、

SNBはリセッションとデフレを回避するため、2011年9月6日にスイスフランの対ユーロレート(ユーロ/スイスフラン)の下限(ユーロ安・スイスフラン高)を1ユーロ=1.2000フランに設定。

そして、これを割りそうになった場合、

あるいはそこを割り込んだ場合は無制限の市場介入を行うとしていた。

そして、撤廃により!!!

 

スイスフランの凄い値動き 20150115

こんなチャートは、初めて見ました。逆ポジションもっていたらエライことになっていました。

0.82フラン前半まで、約20分でおよそ3800pipsの大暴落。その後はやや落ち着きを取り戻すと、1.05フラン近辺まで買い戻された。

約2000pipsのマイナスと考えると、

1万通貨であっても20万、5万通貨なら100万。

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

2、3万通貨くらいなら保有している方も多いと思うのですが、

一瞬で100万くらいの損失を食らったら立ち直れないかも、、、

FXニュースではFX会社も破綻しているとのこと。

今回のスイスショックの影響はかなりデカいみたいです。

 

こんなスイスショックがあった日はバイナリーオプションで参戦。

 

FXってどうなのよ 外為オプション 20150115

 

スイスショックが発生したのが、18時30分ですが、それからドル円、ユーロドルどちらの通貨ペアも激しい値動きでした。そんな時は、安く両端買いを実行しました。ドル高、ドル安方向の両端買いで200円ほどでした。

 

FXってどうなのよ 20150115

 

結果は、あと一歩届かずにアウトになってしまいました。値動きが激しい時には両端買いは有効だと思っているのですが、ここのところ上手いこといっていません。やはり、トレンド方向のみの購入で無駄な購入は控えた方がいいのかもと思い始めています、、、

 

スイスフラン大暴落で外為オプション

 

※当サイトの見解については、あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意点ですが、

当ブログの記事などを利用してトレードで

損失が出ても一切の責任を負いかねます。

投資に関する最終的な判断は、ご自身で行ってください。

何とぞ、ご理解の上よろしくお願いいたします。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です