逆張り投資していいのか?投資の難しさ

Pocket

ここ最近のNYダウ、欧州株、もちろん日経平均もですが、どこまで下げるのでしょうか?ここまで下げてくるとは思っていませんでした。

逆張りをするならエントリーしてもいいポイントなのかもしれません。つい最近まであれだけ高かったNYダウも、かなり下げています。

 

NYdaw 3day 20141217

 

日足チャートを確認してみると、平均線を割り込んでいるではないですか? 

なんとも嫌な感じがします。昨日の値動きも確認したのですが、買っていくには勇気がいりそうな感じがします。

一旦は、250ドル近い上昇を見せたが、引けにかけては下落。結局、NYダウは前日比111.97ドル安の1万7068.87ドルと3日続落。250ドル上昇してからの一気にマイナス111ドルというのはどうなのでしょうか?

 

NYdaw 20141217

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

ちなみに、日経平均の日足チャートではこんな感じになっています。

 

nikkei day 20141217

 

日足チャートからみると、上がり始めた16800円付近で一度反発があってもいいのではないでしょうか? 1週間前はイケイケな感じがあったのですが、この1週間でかなり雰囲気が変わってしまいましたね。

私も円安で上昇していた輸出関連株を買っていたのですが、あれよあれよと下がってきてしまいました。1週間前に利益確定しておけばと後悔です。

残念!!!

 

まだまだ上昇するかも?みたいな相場環境から、一気に下げてくると値ごろ感からつい買ってしまいそうです。私も下げてきたらナンピン買いをやってました。そして、ドンドン負債を増やすという負のスパイラルにはまっていました。

押し目買いをするなら、一旦反発したのを確認してからエントリーするようにしています。

 

為替概況になりますが、下のチャートはユーロドル、ドル円の日足になります。ドル円は118円くらいで反発を予想していたのですが、ここでは止まらず。なんと、115.60円まで下がってしまいました。RCIとの組合せですと、ドル円-押し目買い、ユーロドル-戻り売りといった感じに見えます。

また、遅行スパンがチャートの実体に絡んでいるので、ここで反発する可能性も十分に考えられます。

 

RCI組合せで押し目買い 1217

 

【この結果は次のブログにて 1月6日更新】 

 

最後に、本日の真夜中ですが、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の、イエレン議長の会見があります。イエレン議長がゼロ金利政策解除時期の先延ばしに言及した場合、株式市場が好感しダウが急反発する展開になるとの記事がありました。なんとかここで持ちこたえていただきたいです。

(かなり、個人的に願っています(笑))

 

※当サイトの見解については、あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意点ですが、

当ブログの記事などを利用してトレードで

損失が出ても一切の責任を負いかねます。

投資に関する最終的な判断は、ご自身で行ってください。

何とぞ、ご理解の上よろしくお願いいたします。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です