来週の為替相場、重要イベント

Pocket

 先週の相場ですが、

 米国の景気回復期待からNYダウが新高値を更新し、

 日経平均株価も12000円台に上昇、

 2月の米雇用統計が予想以上の強い内容でした。

 

来週ですが、以下のニュースに注目しています。

 ◎参議院での日銀正副総裁候補の所信聴取 (11-12日)
  日銀新体制が3月20日に発足した後、

  臨時・緊急日本銀行金融政策決定会合を開催し、

  異次元金融緩和を決定するとの思惑が広がっており、

  円売り要因となっている。

 

 ◎イタリア議会召集 (15日)
   イタリアの議会が召集される15日に向けて、

  イタリアの政局混迷が懸念されることで、

  リスク回避の円買いが強まることが予想される。

  第3勢力の五つ星運動のグリッロ氏が、

  信任投票で棄権すれば、

  ベルサニ民主党政権が誕生する可能性が高まり、

  リスク選好地合いの円売り要因となる。

 

 ◎3月期末に向けた本邦実需筋の動向
  本邦機関投資家によるリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)が

  優勢となれば、円買い要因、円高ヘッジポジションの手仕舞いとなれば、

  円売り要因となる。

 

どれもよくわからない内容ですが、イタリアには特に注目しています。

ドカーンといかれないように注意。

シナリオ通りになれば、トレードなんて簡単なんですがね。。。

結局のところ、動いた方向にエントリーしていくしかないですね。

 

確定申告もまだやっていない為、来週は忙しくなりそうです。

 

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です