MACDの使い方

Pocket

MACDは、

>短期と長期の移動平均線の離れ具合を局線で表し、

2本の線が交わる点を見ることでトレンドを捉えます。

2本の線が近づいたり離れたりする動きを数値化して、

 上昇トレンドであればMACDは上昇し、

       「買いサイン」を表し、
 下降トレンドの場合は、MACDの値も下降し、

      「売りサイン」を表しています。

 

オシレーター系のテクニカルですが、多くの人が使っていると思いますが、

私は相性が悪く最近は使っていません。

オシレーターで使っているのは、RCIですね。

見やすくてエントリーしやすいからです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です