FX ピボットの使い方 part2

Pocket

Part 1に続きまして、ピボットの使い方を説明します。

Part 1加えて、R3、S3についても定義します。
R3=HBOP(ハイ・ブレイクアウト・ポイント)=2P-2L+H
S3=LBOP(ロー・ブレイクアウト・ポイント)=2P-2H+L

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

R3———————-R3 ロスカット⇒順張りで買い

R2—————————–R2 ・・・・・・・・・・売り

R1————————————R1 ・・・・・売り

P———————————————P

S1————————————-S1 ・・・・・買い

S2—————————–S2 ・・・・・・・・・・・買い

S3———————-S3 ロスカット⇒順張りで売り

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

まずは、逆張りでの手法です。スポットがS1、S2に達したら買いから入り、R1、R2に達したら売りから入ります。LBOP or HBOPをブレイクしたらロスカットします。LBOPからHBOPの間で動いている間はピボットを中心としたレンジ相場と考えています。LBOP    or    HBOPをブレイクした場合は新たなトレンド発生と考え、順張りに切り替えます。

順張りルールの場合、上記とは逆に、スポットがS1、S2を下回ったら売りから入り、R1、R2を上回ったら買いから入ります。

また、エントリーしない日もあります。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です