ローソク足の見かた

株やCFDなどをやっている方なら一度は見たことあるのが、ローソク足です。

私も、ローソク足でチャートを見ています。

平均足、ポイント&フィギュア(PF)を使っていたこともありました。
ローソク足は、4本値で形成されるいます。
 始値より終値が高い場合は陽線

 始値より終値が低い場合は陰線

陽線は白抜きのボックス、陰線は塗りつぶされたボックスと視覚的に表示することにより相場の 強弱や方向性を視覚的に示してくれます。

 

また、始値、終値とありますが、表示させている時間軸によって変わってきます。

5分足であれば、5分間の始値と終値

1時間足であれば、1時間の始値と終値

日足であれば、1日の始値と終値になってきます。