FX ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドとは移動平均線とその上下に標準偏差をグラフ化した合計3本の線で表されます。

標準偏差の各グラフはバンド幅と呼ばれます。

標準偏差のグラフには、±1σ、±2σ、±3σの3つが利用できます。

確率的にチャートが各範囲内に収まる確立が±1σであれば68%、±2σが95%、±3σに至っては97%と言われています。

通常は±2σのグラフが良く使用されていますが、±1σと、±3σを消して使用しています。

ボリンジャーバンドは逆張り系と順張り系の両方の性質を持ちます。

逆張り系として利用する場合、

チャートがプラスのバンド幅を上に突き抜ければ買われすぎとして売りのサインと見れますし、

チャートがマイナスのバンド幅を下に突き抜ければ売られすぎとして買いのサインとして見ることができます。