移動平均線から見るFX相場

ここ最近のFX相場ですが、それなりに相場が動いているかと思います。つい先日までは、なかなか動かない相場で取引するのが難しかったかと思います。今回の記事では、移動平均線からみるFX相場について書いています。

移動平均線とは?

移動平均線とは、ある一定期間の値動きを移動させていくことで、値の方向性、トレンドを見つけるものです。チャートに組み合わせるテクニカル分析指標としては人気があると思います。日足チャートであれば、25日移動平均線、75日移動平均線が意識されています。【株式チャートでもよく使われています。】

FXチャート-日足

移動平均線 日足 20151026

移動平均線 日足 20151027

上にUPした日足チャートは、①が先週末くらいのチャートで、②が10/27時点のチャートになります。青ラインが200日移動平均線、赤ラインが75日移動平均線を表示しています。ドル円においては、青ラインの200日移動平均線と赤ラインの75日移動平均線に近づいていたので、一度止められるかと思っていました。 続きを読む 移動平均線から見るFX相場

FXのトレンド発生は?

10月も半ばになりそうですが、ドル円の方向性がとても分かりにくい状況です。10月1週目のアメリカ雇用統計後にそれなりに動き始めるかと考えていたのですが、、、上昇するわけでもなく下落するわけでもなくといった感じです。日経平均やNYダウはそれなりに上がってきている(戻りつつある?)ように感じています。

チャート情報

久しぶりに4時間足チャートと日足チャートにRCIを組み合わせたものになりますが、以下の画像のようになっています。【2015.10.10時点】

FXチャート 日足 20151010

日足チャート+RCI

ドル円ですが、119.50円付近を割らずに耐えている感じに見えますが、119.50円を割ってきたらショートで攻めてみたいです。テクニカル情報のRCIですと、画像の時点においては、長期線が下に張り付いており、短期線が上にあるので、戻り売りで仕掛けてみても良いかと考えていました。 続きを読む FXのトレンド発生は?

4時間足と日足チャートにRCIの組合せ

日足チャートと4時間足チャートに、

RCI【RCIとは? 【過去記事】】を組み合わせて相場を確認しているのですが、日足チャートでは押し目買いなんですが、4時間足チャートでは下げ止まっていない状態の時は、どうすればいいのだろう?と考えることがよくあります。

長期トレンドは上昇だと思うのですが、4時間足チャートで下げ止まっていないので買いにくい状態の時がありました。日足チャートと4時間足チャートの時間変化で見たものになります。

【ドル円の場合】 RCIの考え方で、日足チャートのRCI長期線が上に張り付いていて、RCI短期線が下にある場合は、押し目買いと考えています。

チャート日足 20150324チャート4時間 20150324

上:日足チャート 下:4時間足チャート 続きを読む 4時間足と日足チャートにRCIの組合せ

日足チャートに移動平均線の組合せ

日足チャートと4時間足チャートに、移動平均線を組み合わせて相場を確認しているのですが、日足チャートでは押し目買いなんですが、4時間足チャートでは下げ止まっていない状態の時は、どうすればいいのだろう?と考えることがよくあります。

最近も、長期トレンドは上昇だと思うのですが、4時間足チャートで下げ止まっていないので買いにくい状態の時がありました。日足チャートと4時間足チャートの時間変化で見たものになります。

チャート日足 20150324チャート4時間 20150324

上:日足チャート 下:4時間足チャート 続きを読む 日足チャートに移動平均線の組合せ

IFD-OCO注文したが、約定できず

3月相場 20150309

上のチャートは先週時点での日足チャートになりますが、雇用統計直後で、ドル円は122円を目指そうと上昇中でした。今週の日足チャートは、

日足チャート 20150318

ドル円は122円を一瞬ですがつけたのですが、なかなか越えていくことはできないみたいです。ユーロドルの方はといいますと、ユーロ安がさらに進んで1.0460付近まできています。日足チャートからだとこんな感じのイメージを受けましたが、4時間足だと、以下のようなチャートになります。

4時間チャート 20150318

ドル円ですと、121円付近が底堅く感じます。120円台に突入しても4時間足の終値だと122円台で終えています。ユーロドルは1.0500付近で底打ちしてます。 続きを読む IFD-OCO注文したが、約定できず