アメリカ雇用統計トレード、2016年4月

新年度相場が始まりましたが、日本株式、為替相場にはあまり関係ありません。新年度スタートということで、日経平均は上がってくれると気分が良いのですが、なんと、なんと一時600円安という大幅下落! そんな4月1日には、重要な指標発表があります。

月一重要イベント-アメリカ雇用統計発表!

事前情報では、予想よりも良い結果だとしても、ドル円の上値は重たいのでは?と言われていました。

発表前のチャートです。

雇用統計発表前 20160401

 

ドル/円

ドル/円は、米3月雇用統計の好結果も戻り売り優勢。発表前に112.00を割り込む場面があったが、非農業部門雇用者数が21.5万増と予想を上回ったことでドル買いの動きとなり、112.35近辺まで上昇。だが、戻り売りに上値を抑えられ、111.81-83へ下落する動きとなっている。

ユーロ/ドル

ユーロ/ドルは、米雇用統計後は上下に振れる動き。非農業部門雇用者数の良好な数字を受け、1.1387-89まで下落するも、ドル/円売りに連れ1.1430台を回復。指標発表前に示唆した1.1436-38を前に今度は下げに転じると、1.1390近辺へ反落する荒い動きとなっている。

NYダウ先物

1日の米国株市場では、時間外取引でNYダウ先物が110ドル安。米国の雇用統計や平均賃金の改善により、米FRBの6月にかけての利上げが警戒されている。

為替相場ではリスク回避により、対資源国通貨や対円を中心に円高の圧力となっている。一方で対円以外ではドルが上昇傾向にあり、過度な円の独歩高を制御させている。

発表後のチャートは?

雇用統計発表後 20160401

雇用統計発表後 そのあとは? 20160401

チャートは1分足ですが、瞬間的に予想より良かったと分かります。予想より良い結果にしては、上昇幅が小さすぎますね。 その後下落してきて、112.0円を割ったので、これから下げていきそうだと感じました。

トレード結果は?

バイナリーオプションですが、購入価格が高すぎてエントリーできなかったので、ドル円の裁量トレードにて参戦しました。 ”上値が重たい”  という情報からドル円は下げるのでは?と思っていたので、ショートしてみました。

雇用統計発表 収支 20160401

5分程度しかポジション保有できなかったのですが、上手く下落してくれませんでした。まぁ、マイナス収支とならなかったので良しとしましょう!

 

最終的なチャートは?

アメリカ雇用発表後のチャート 20160402

終わってみれば、ドル円の上値が重たかった! という感じのチャートになっています。ドル円は111.70円くらいまで下落していますが、NYダウは100ドル越えの上昇で終えています。

来週(4/4〜)の展望としては、NYダウは上昇してもドル円が下落しているので、日経平均も下落かなぁ?なんて考えています。日経平均は、えらく下落しているので持ち直してほしいです

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 注意点ですが、

 当ブログの記事などを利用してトレードで

 損失が出ても一切の責任を負いかねます。

 

【参考】 ☆ アメリカ雇用発表まとめ-2015 ☆

【参考】 ☆カテゴリーページ アメリカ雇用発表☆

アメリカ雇用統計トレード-2015年11月

先週末はアメリカ雇用統計発表(10月分)がありました。先月はジブリ映画がやっている中でのアメリカ雇用統計発表でした。先月は、バイナリーオプションの購入値段が高く、手が出せなかったので、裁量トレードを実施しました。

今月の結果は??

さっそくですが、今月のアメリカ雇用統計の結果になります。

・非農業部門雇用者数【予想】+18.5万人 【結果】+27.1万人

・失業率      【予想】5.0%    【結果】5.0%

・賃金上昇率    【予想】+0.2%   【結果】+0.4%

予想の18.5万人に対して27万にと予想を大きく上回る結果となり、加えて前回分も情報修正となっています。チャートの動き方も、大きくドル高となりました。   発表前のチャートは、

雇用統計直前 20151106

発表によって、、、

雇用統計発表後 20151106

ドル円は一気に123円台を一瞬ですが乗せることができました。ドルですが、12月の利上げ織り込みって感じですので、ドル円は底堅く動いていきそうですね。

バイナリーオプションは?

今月はバイナリーオプションにエントリーしたかったのですが、下の画像にあるようにチケットの購入代金が高い!!両端で300円は高すぎるので、今月も見送ることにしました。まぁ、それでもバイナリーオプションの結果は見ておきたかったので、結果の画像も載せてあります。

発表直後にドル円の122.40円のチケットの売却価格が818円まで上昇しています。122.40円のチケットを292円で購入していたとすると、売却価格が818円ですので526円の利益確定ができていました。(あくまで結果論ですが、、、)

雇用統計前 外為オプション 20151106

続きを読む アメリカ雇用統計トレード-2015年11月

ハウルがやっている裏で雇用統計発表

今夜はジブリ映画

今夜の映画はジブリ映画のハウルの動く城が放送されています。オカルトではありますが、ジブリ映画が放送されている時は、雇用統計の結果は悪いというか、ドル円は大幅に下げるといった展開が多いという事実。まぁ、この手のオカルト、ジンクスが思いのほか当たるというか確率的に高いみたいです。今回の雇用統計の予想は、TVの番組表を見て、ジブリ映画が放送と分かりショートと決めました(笑)

外為オプションの状況

雇用統計は外為オプションにて参戦することが多いのですが、今回の状況では外為オプションをやるのは厳しいかと判断しました。下の画像に直前の外為オプションのプライスが表示されていますが、お値段が高い、、、

外為オプション 20151004

上の一番離れたポイントで427円、下の一番離れたポイントで320円となっており、間違いなく両端買いはリスクが高すぎるので無理。ショートすると決めていたので、下の一番離れたポイント(119.70円)のドル安を買っても良かったのですが、300円を越えていると手が出しにくいですね、、、

先月の状況は?

雇用統計 20150907 1分

続きを読む ハウルがやっている裏で雇用統計発表

FX-アメリカ雇用統計【8月分発表】

先週末は月に一度のアメリカ雇用統計発表(8月分)がありました。ここ最近は、相場が不安定な状態にあり、結果次第では大荒れ相場になるかぁと思っていました。そんなこんなで大荒れ相場になってもいいように、参戦は外為オプションのバイナリーオプションと決めていました。

毎月毎月、アメリカ雇用統計発表時には外為オプションにて遊んでいるのですが、今月は購入金額が高すぎて手が出せない状態!!!今回のレートはいくらなんでも高すぎるよう感じました。ジックリ考えて今回のアメリカ雇用統計発表においては、外為オプションやらないと決めました。

今回の外為オプションレート

21時30分直前の外為オプションのレートで、ドル円ですが一番離れたポイントでも400円近い金額が必要でして、いつも600円弱くらいで利益確定しているので約200円の利益の為にエントリーするのはリスクが高すぎるかと思いました。

アメリカ雇用統計発表(チャート)

雇用統計 20150907 1分 続きを読む FX-アメリカ雇用統計【8月分発表】

雇用統計が終わっての8月FX相場

前回のブログ更新から1ヶ月以上経過してますが、今回のネタもアメリカ雇用統計での外為オプションの記事になります。それと、日足チャートでの相場確認をしようと思っています。

雇用統計発表時のチャートになりますが、5分足チャートと15分足チャートになります。

雇用統計 外為 201508 5分

上の5分足チャートを見る感じでは、予想よりも良かったのかと思うのですが、下の15分足チャートで、その後の動き方をみると予想よりも悪かったのかと思うような動き方になっております。

雇用統計 201508 15分

チャートからだと上記のような感想ですが、詳しい結果は以下になります。

(米)7月雇用統計(雇用者数・失業率)

・非農業部門雇用者数
【予想】+22.5万人【結果】+21.5万人  続きを読む 雇用統計が終わっての8月FX相場