ECB・金融政策(金融政策)発表を控えて

ECB・金融政策(金融政策)発表、そして22:30に(欧)ドラギECB総裁講演を控えています。今週末には、米国雇用統計もあります。

先週はユーロドルが元気よく下げていてくれていたのですが、ここ2,3日は閑散相場となってます。

 

大きなイベントを控えて取引せずに様子見といったところでしょうか?

 

少しだけ今日のECB・金融政策(金融政策)発表、そして22:30に(欧)ドラギECB総裁講演について書いておこうと思います。

 

(独)9月ドイツ鉱工業受注指数が市場の予想を大幅に上回ったことを受けて、利下げといった金融緩和を踏み切らない公算が高まっています。

続きを読む ECB・金融政策(金融政策)発表を控えて

東京オリンピック開催決定で株高となるか

2020年夏季オリンピック開催地が東京に決定しました。東京になったことでメディアが経済効果についてこぞって取り上げています。

実際にはどのくらいの効果があるのか気になります。マーケットは寄付きで、ドル円は円安、日経平均は大幅高となっていました。

 

9月のトレンド発生?

9月のトレンド発生?と考えていいのでしょうか。

ドル円100円から落とされて98円半ばまでいってしまいました。

ここまで雇用統計で落とされるとは想像していませんでした。

最近の指標が良かったせいか期待感があったのでしょうか?、前回の雇用者数も大きく下方修正も影響してるんでしょうね。

さらにプーチン大統領の発言も大きく影響しちゃいましたね。

 

せっかく三角持ち合いを上抜けてきたのに、、、下抜けしていくと90円台前半もあるのかと考えてしまいます。

 

今後もオリンピック、日本のGDP改定値、シリア問題といろいろありますね。

 

日銀 金融政策発表終えて

久しぶりに、ドル円が100円台に戻ってきました。

ほとんど注目されていませんでしたが、日銀 金融政策発表がありました。

結果は、現状の金融緩和を継続とのこと。コメントとしては、景気は緩やかに回復しているといった感じで重要なことはありませんでした。サプライズがあっても困るのですが、、、

本日はヨーロッパ時間から大きなイベントがありました。 続きを読む 日銀 金融政策発表終えて

どうしたドル円?

ドル円は三角持ち合いのレジスタンスをブレイクし、100円目前です。

ミサイル発射みたいなニュースでよく分からない動きもありましたが、

順調に円安方向で動いています。重要な指標発表の結果は、

予想より強い米8月ISM製造業景況指数を受けドルが上昇です。

また、今日の日経平均は、前日比405円高の1万3978円と大幅続伸で取引を終えています。 少しほっとしています。

少し興味のある記事がありました。

≪週末に、ヴェライゾン(VZ)によるボーダフォン(VOD)買収が発表されている。

ヴェライゾンによる買収は1300億ドルと歴史的に見ても大規模≫

ヴェライゾンって、アメリカのスポーツチームのスポンサーやったりしているので知ってましたが、どんどん大きくなっていきますね。