vol.26〜50までのFXトレード検証まとめ

FX業者のJFX、FXTFからリリースされている未来チャートについて調べています。調べると言っても個人トレーダーの私が独自ルールを決めてやっています。

未来チャートの検証、勝率

ランキングは、7つの分析指標から売買傾向を分析した “シグナルパネル”の売買シグナルを点数化し、ランキング表にしています。合計点数が高い傾向は、より信頼度が高いと考えられます。

JFX 未来チャート 予測

7種類のテクニカル分析、それぞれについて買いなのか売りなのかが表示されています。総合的に見て買いシグナルが多ければ上昇トレンド、売りシグナルが多ければ下げトレンドと判断できます。

例えば、買いが 6 で売りが 1 だと【買いポイントが+5】買い気配が強い。 買いが 4 で売りが 3 だと【買いも売りも同じくらいのポイント】トレンドが出ていないといった感じで考えています。 

どういったテクニカル分析があるかと言いますと、・単純移動平均・指数移動平均・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・ストキャスティクス・RSI の7種類があります。

どれくらいのシグナルの強さ ( 合計ポイント ) であれば、トレードに使えるか検証中です。

vol.1〜vol.25 までのまとめページはこちら ☆

 

vol.26〜50の収支表

 

vol.26 vol.27 vol.28 vol.29 vol.30 vol.31 vol.32 vol.33 vol.34 vol.35 vol.36

vol.37 vol.38 vol.39 vol.40 vol.41 vol.42 vol.43 vol.44 vol.45 vol.46 vol.47

vol.48 vol.49 vol.50

画像は、【vol.26〜vol.50】 の合計ポイント、判定結果、損益についてまとめたものです。エクセルにて記録しています。

 

vol.26〜vol.50 までの勝率、検証について。【勝率、トータル損益】

勝率は?  33.7%(31/92)

トータル損益は?  -978 pips

【 成功が 31 回、失敗 61 回、引分け、判定なしが 7 回 】

 

vol.1〜vol.50 までの勝率、検証について。【勝率、トータル損益】

勝率は?  40.6% (71/175)

トータル損益は?  -1008 pips

【 成功が 71 回、失敗 104 回、引分け、判定なしが 20 回 】

 

参考までに、vol.1〜vol.25 までの勝率、検証について。

勝率 (40/83) 48.2%    トータル損益  -130 pips

シグナルが強いものばかりを集めたデータであれば、良い結果となったかもしれませんが、検証段階ですので、すべての予測データで解析しています。

シグナルの強さについては関係なしに、すべての未来チャート予測について検証した結果ですが、勝率、トータル損益共に負けすぎ、損失がデカすぎる結果で残念です。こんなにも負けていたのかと知りました💦💦

 

次回は vol.75 完成時にまとめてみたいと思います。

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 注意点ですが、

 当ブログの記事などを利用してトレードで

 損失が出ても一切の責任を負いかねます。

FXグラフ化_通貨ペア毎の収支まとめ

25回分の未来チャート検証まとめ をやってみましたが、通貨ペア毎の収支をグラフにしてみました。累積損益(pips)でどんな感じになっているのか? と気になりまして、ザックリとグラフにしてみました。

ドル円データ_(25回分)

ドル円の累積損益(pips)20160227

縦軸-累積損益(pips)   横軸-検証回数

序盤の調子が悪かったですが、25回目にはプラス収支となっています。ここ最近は、値動きが荒いので、油断するとすぐにマイナス圏に突入してしまいそうです。

ユーロドルデータ_(25回分)

ユーロドルの累積損益(pips)20160227

縦軸-累積損益(pips)   横軸-検証回数

全く、良いところなしの検証結果ですね。今後は、ユーロドルの未来チャート検証はやめてもいいかもしれない、、、

シグナルが弱い時が多いのかもしれませんが、それにしてもひどい結果です。

続きを読む FXグラフ化_通貨ペア毎の収支まとめ

勝率、収支まとめ_vol.1〜vol.25

未来チャートの検証、勝率

ランキングは、7つの分析指標から売買傾向を分析した “シグナルパネル”の売買シグナルを点数化し、ランキング表にしています。合計点数が高い傾向は、より信頼度が高いと考えられます。

JFX 未来チャート 予測

7種類のテクニカル分析、それぞれについて買いなのか売りなのかが表示されています。総合的に見て買いシグナルが多ければ上昇トレンド、売りシグナルが多ければ下げトレンドと判断できます。

例えば、買いが 6 で売りが 1 だと【買いポイントが+5】買い気配が強い。 買いが 4 で売りが 3 だと【買いも売りも同じくらいのポイント】トレンドが出ていないといった感じで考えています。 

どういったテクニカル分析があるかと言いますと、・単純移動平均・指数移動平均・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・ストキャスティクス・RSI の7種類があります。

今のところどれくらいのシグナルの強さ ( 合計ポイント ) であれば、トレードに使えるか検証中です。

vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10

vol.11 vol.12 vol.13 vol.14 vol.15 vol.16 vol.17 vol.18 vol.19 vol.20

vol.21 vol.22 vol.23 vol.24 vol.25

 

下記画像は、参考に【vol.1〜vol.16】 の合計ポイント、判定結果、損益についてまとめたものです。エクセルに下記のように記録しています。

未来チャートを検証まとめ 20160113

 

未来チャートの検証結果20160113

上の画像よりサンプル数が多くなりますが、vol.1〜vol.25 までの勝率、検証についてまとめてみました。それが、下のデータ【勝率、トータル損益】になります。

勝率は? (40/83) 48.2%

トータル損益は?  -130 pips

【 成功が 40 回、失敗 43 回、引分け、判定なしが 13 回 】

シグナルが強いものばかりを集めたデータであれば、良い結果となったかもしれませんが、検証段階ですので、すべての予測データで解析しています。

シグナルの強さについては関係なしに、すべての未来チャート予測について検証した結果ですが、勝率、トータル損益共に良いデータとはなりませんでした。

 

次回は vol.50 完成時にまとめてみたいと思います。

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 注意点ですが、

 当ブログの記事などを利用してトレードで

 損失が出ても一切の責任を負いかねます。