雇用統計が終わっての8月FX相場

Pocket

前回のブログ更新から1ヶ月以上経過してますが、今回のネタもアメリカ雇用統計での外為オプションの記事になります。それと、日足チャートでの相場確認をしようと思っています。

雇用統計発表時のチャートになりますが、5分足チャートと15分足チャートになります。

雇用統計 外為 201508 5分

上の5分足チャートを見る感じでは、予想よりも良かったのかと思うのですが、下の15分足チャートで、その後の動き方をみると予想よりも悪かったのかと思うような動き方になっております。

雇用統計 201508 15分

チャートからだと上記のような感想ですが、詳しい結果は以下になります。

(米)7月雇用統計(雇用者数・失業率)

・非農業部門雇用者数
【予想】+22.5万人【結果】+21.5万人 

・失業率
【予想】5.3%  【結果】5.3%

・賃金上昇率
【予想】+0.2% 【結果】+0.2%

 

結果的には7月分は予想よりも悪かったのですが、5、6月分の雇用者数の上方修正があったと考えると、良い結果発表だったのかと思います。

ドル円の125円台に乗せてくるのは難しいのでしょうか?

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

さてさて、ここからは雇用統計なので外為オプションにて参戦しましたので、その結果発表です。今回はドル円のドル安方向でエントリーしました。

 

雇用統計外為オプション 201508

エントリー金額的にもドル安方向の一番離れたところしか購入できなかったのですが、上手いことドル安方向に行ってくれてそのまま利確して逃げさせてもらいました。

収支は +5400円なので上出来です。欲出して待っていたらドル高方向に行ってしまったので、速攻で利確しておいて良かったと思っています。今月は8月相場(夏枯れ相場)なので、あまり外為オプションをやるつもりはありませんが、チャンスがあればエントリーしていこうと考えています。たぶん、9月のアメリカ雇用統計発表まで我慢することになりそうですが、、、

外為オプション収支表 201508

 

ここからは、為替相場です。

8月相場ということで、あまり値動きがないように感じるのですが、今の日足チャートは以下になります。ドル円、ユーロドルともにレンジ相場に見えますが、ここからどう動いていくのでしょうか?

日足 20150817

ドル円では、125円台に乗せてくるのか?それともドル安方向に行ってしまうのか?ユーロドルは1.0900〜1.1400の500pのレンジを突破したほうで順張りしたいなぁと考えています。ユーロドルの方が値動きありそうで、楽しそうです。ロスカットだけは入れておかないと痛い目に会いますが。動き出すのは、アメリカ雇用統計後くらいになりそうかと思っています。

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意点ですが、

当ブログの記事などを利用してトレードで

損失が出ても一切の責任を負いかねます。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です