4時間足と日足チャートにRCIの組合せ

Pocket

日足チャートと4時間足チャートに、

RCI【RCIとは? 【過去記事】】を組み合わせて相場を確認しているのですが、日足チャートでは押し目買いなんですが、4時間足チャートでは下げ止まっていない状態の時は、どうすればいいのだろう?と考えることがよくあります。

長期トレンドは上昇だと思うのですが、4時間足チャートで下げ止まっていないので買いにくい状態の時がありました。日足チャートと4時間足チャートの時間変化で見たものになります。

【ドル円の場合】 RCIの考え方で、日足チャートのRCI長期線が上に張り付いていて、RCI短期線が下にある場合は、押し目買いと考えています。

チャート日足 20150324チャート4時間 20150324

上:日足チャート 下:4時間足チャート

日足チャート 201503314時間足チャート 20150331

上:日足チャート 下:4時間足チャート

移動平均線20150331移動平均線4時間 20150331

上:日足チャート 下:4時間足チャート

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

日足チャート、4時間足チャートで①⇒②⇒③と変化していったのですが、①の状態の時は、ドル円の押し目買い狙いで、ユーロドルは戻り売り狙いを考えていました。

【ユーロドルの戻り売りの方が利益が出せそうな感じに考えていました。しかし、ユーロドルの値動きが大きいので、手は出したくないと考えていました。】

 

②の状態では、ドル円においては、4時間足チャートで戻り売りにも見えるチャートの形だったので、ホントに買ってもいいのだろうか不安になってきました。

【ドル円の場合】

RCIの考え方で、日足チャートのRCI長期線が上に張り付いていて、RCI短期線が下にある場合は、押し目買いと考えているので、、、まだまだ押し目買い??

いやいや、4時間足チャート見てみると、RCI長期線が下に張り付いていて、RCI短期線が上にあるので戻り売り???とパニックになってきます。

 

こんな時によくやるのが、少額エントリーです。

少額エントリーであれば、損失が出たとしても大きな損失にならずに済むからです。結局、ドル円の押し目買いという考えが強かったのですが、ドル円をロングしていたら少しですが利益が出ていました。

 

今回のケースですが、ドル円は日足チャートのRCIを信用していれば良かったというケースですから、4時間足チャートのRCIよりも強いシグナルだったことが分かります。

私的には、長い時間のチャートの方のシグナルを信用してトレードしています。しかし、いつまでも同じトレンド方向に進むわけでは無く、どこかでトレンドが変わりますからトレンドが変わったと思えばロスカットは忘れずにしましょう。

あれから、、、

日足チャート、4時間足チャートで①⇒②⇒③と変化後の話ですが、その後の値動きを日足チャートにて確認してみましょう。ドル円に関しては、119.0〜121.0くらいのボックス(レンジ)相場に見えるので、119.0を割り込むか?121.0を超えてくるかで、エントリーが変わってくるのでしばらく様子見したいと思います。

ユーロドルは、1.0550まで落ちてきたのですが、一度反発しています。再度、1.0550を割り込んでくるようであれば、ショートしてもいいかなぁと思っています。

ドル円ユーロドル日足 20150416

【4月相場終わってみたら-次回ブログへ】

 

テクニカル分析の関連記事

 日足チャートに移動平均線の組合せ

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

過去記事

FX業者で外貨交換

FX業者の無料情報

FX-スキャルピング

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意点ですが、

当ブログの記事などを利用してトレードで

損失が出ても一切の責任を負いかねます。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

「4時間足と日足チャートにRCIの組合せ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です