FX失敗談、指標トレードで痛い目に

Pocket

11月も半ばに突入しています。 今の4時間足チャートです。

雇用統計明け4h 20141111

RCIを見ていると、 昨日あたり104円前半で買っていたら

今日いい感じで利益出せていましたね。

 

先週末にはアメリカ雇用統計が発表されました。

そんな影響で、直前の値動きはあまりありませんでした。

今回は、アメリカ雇用統計にFXで参戦してみました。

最近の感じからして悪い数字が出る気がしなくて、ロングしてみました。

結果は、見事に惨敗でした。こちらに取引画面を載せておきます。

大負けしてしまった今回の雇用統計の結果ですが、

■22:30 (米)10月雇用統計(雇用者数・失業率)

・非農業部門雇用者数

【予想】+23.5万人 【結果】+21.4万人

・失業率

【予想】5.9%   【結果】5.8%

・民間部門雇用者数

【予想】+22.5万人 【結果】+20.9万人

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

予想よりも下回ったのですが、あまり悪い数字ではないかと思います。

雇用者数が+20.0万人以上を維持したことや、

失業率が改善したことなどを総合して考えれば、まずまずの内容に感じます。

しかし、発表直後は大きく下げて80銭程下落しました。

この80銭丸々損してしまったのが痛すぎます。

 

発表直後の値動きになります。下げていたので損切りしたらそのあと反発。

まさか戻ってくるとは思いませんでしたが、そこからはまた下落という相場。

 

雇用統計 3m 20141109

下のチャートが1時間足チャートになります。

雇用統計 1h 20141108

下のチャートが4時間足チャートになります。

雇用統計 4h 20141109

 

そして、これが痛すぎる収支結果です。

2012年の5月からFXスタートしましたが、最高負け額(1日)

 

雇用統計 大負け 20141111

 

取引する枚数が、私にとっては多すぎたので負け額がデカい!!!

 

ここ最近の負けを一気に取り返そうとして、倍返しされた感じです。

ハッキリ言ってギャンブルトレードをしてしまったのです。

やってはいけないと分かっていたのですが、やってしまった。

 

負けている原因を考えてみますと、以下になるかと思います。

・自分のルールを守れない。

・取引枚数が多すぎる(資産管理ができていない)

・直感に頼ってしまう。

・損切りしない

 

その中でも、取引枚数が多すぎるのが一番かと思っています。

トレードに集中できていません。利益が出ていたとすると利確が早くなり、

損失出していたら損切りが怖くてできない。

今は、こんな感じなので取引枚数を減らしてやっていくつもりです。

みなさんも負けが続いていたら、自分のトレードを振り返ってみては???

 

私の場合は、まだまだ反省を繰り返していきそうですが、、、

そのうち勝ち組トレーダーになれると信じて。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

注意点ですが、

当ブログの記事などを利用してトレードで

損失が出ても一切の責任を負いかねます。

投資に関する最終的な判断は、ご自身で行ってください。

何とぞ、ご理解の上よろしくお願いいたします。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です