2014,9月3週目の為替相場とFX収支

Pocket

2014.9.17

9月も早いもんで半月が過ぎました。やはり9月スタートからトレンド発生で

ドル円は上昇、ユーロドルが下落しています。

まぁ、そんなトレンド発生中ですが、今週は調整期間なのか?、

それともビックイベント待ちなのか?よく分かりませんが、

大きな値動きはありません。こちらが、1時間足になります。

ドル円ユーロドル1H足 20140917

本日のイベント、指標発表の結果次第ではドル円、ユーロドルの

トレンドは継続しそうな感じですね。ドル円の107.50を超えたら

次はどこのポイントまで上昇するんだろう?逆に、ユーロドルは

1.26くらいまでは可能性あり、みたいな記事がありました。

 

☆☆SPONSOR☆☆

☆☆SPONSOR☆☆

 

ちなみに、本日のイベント、指標発表とは、

21時30分:米)消費者物価指数【コア】

27時00分:米)FOMC政策金利声明米国債及びMBS証券の

       買い入れ額経済・金利見通し発表

27時30分:米)イエレンFRB議長の記者会見

 

注目のFOMCの内容ですが、

債権購入プログラムについては今回も100億ドル減額するとのことで、

元々、現状維持が見込まれています。問題というか注目は、

ドル高の相場を作り出してきたのには、かなりの部分で

早期利上げ観測というのが影響しています。それが、

据え置き判断となるとサプライズです。

 

フォワードガイダンス(政策指針)における、

「資産買い入れプログラム(量的緩和)終了後も事実上のゼロ金利を、

『相当な期間』利上げを開始しない」という文言の『相当な期間』の

部分を削除、または、短い期間を表す単語に修正するのではないか?

とされて、金利引き上げが当初の予定より早まることが期待されていました。

難しいことは分かりませんが、結果を見てから今後のトレード戦略を決めましょう。

 

今週の出来事を少しずつ更新しています。

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です