指標発表、ドラギ総裁発言

Pocket

今日も昨日に引き続き大きな指標発表とECB金融政策発表とドラギ総裁の発言あります。

どれもこれも、発表直後は大きく相場が動きそうです。

 

米11月ADP全国雇用者数の結果は、

+21.5万人となり、市場予想の+17.0万人を上回る結果。

 

米雇用指標の改善を受けて早期QE(量的緩和)縮小の警戒感が強まり、

米株下落を経由したリスク回避の円買いが。

 

ドル円は米指標結果や米金利動向、株価の動きをにらみながら、次第にドル売り・円買いを強めた。

しかし、米株が早期QE縮小を懸念して下落幅を拡大。為替市場ではリスク回避の円買いが優勢となり、いったん102.70円付近まで戻していたドル円は、前日の水準を下回る101.82円まで下落。

 

現在は、109.90円くらいが底固くなってきていますが、(5日21時)

今日の指標発表によってはどうなるか分かりません。

 

それに、ECB政策金利発表後のドラギ総裁発言が???な部分が多く、一気に動き出す可能性あります。

 

ユーロドル ドル円20131204

22時30分:米)新規失業保険申請件数
22時30分:米)第3四半期GDP【改定値】個人消費

☆☆  sponsor  ☆☆


☆☆  sponsor  ☆☆

21時45分:欧)ECB政策金利声明発表
22時30分:欧)ドラギECB総裁の記者会見

 

昨日のバイナリーオプションは何とかプラスで終えることができました。

もう少しポジション量を増やしてもいいかもと考えています。

 

外為オプション収支 20131204

 

+9690 ありがとうございます。

 

Pocket

投稿者:

かずやん

FX初心者の取引を公開しています。 負けないトレードになればと思い、 サイト作成しています。 FXは201205よりスタートしています。 どうぞよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です