未来チャートを検証

Pocket

FXTFさんから新バージョンの未来チャートなるものがリリースされまして、ようやく中身が分かってきたので記事にまとめてみました。以前のバージョンでは何%上昇or下落するといったパーセンテージでの表示がされていたかと思います。過去記事の中でも何度か未来チャートの検証を行っています。

FX ドル円予測100%?

上の画像の右上部分に100%下落といった予測が表示されていました。最初は、この100%予測に驚かされました(笑) 【100%予測に驚き、、、】

【旧バージョンの未来チャート検証まとめ】

旧バージョンの時には参考程度に未来チャートを使用していたのですが、大体ですが、80%以上の予測結果が表示されている時にエントリーしてもいいかもと思っていました。

新バージョンでは、

ザックリとですが、 「未来のチャート形状(値動き)を予測する」未来チャートと、「売買シグナルで売買タイミングを示す」シグナルパネルの2パターンを表示できるように変化しています。 (FXTFの公式HPより)

シグナルパネル 20150914

今回は、シグナルパネルでなく、未来チャートの方を検証しました。未来予測チャート、過去の近似チャートに加えて、今回登場のテクニカルランキングが表示されています。

注目はテクニカルランキング

何%予測の表示が無くなっているので、信頼度はテクニカルランキングを頼りにしようと決めました。

ランキングは、7つの分析指標から売買傾向を分析した “シグナルパネル”の売買シグナルを点数化し、ランキング表にしています。合計点数が高い傾向は、より信頼度が高いと考えられます。 (FXTFの公式HPより)

現段階では、合計点数が何点以上でエントリーしていいのか分かりませんが、本日はドル円ですと、6点ありました。(15分足表示)

未来チャート 20150914

ドル円の合計点は6点

未来チャート検証 20150914

20時00分くらいからドル円ですと、6点ありましたが、21時00分にかけて10銭程ですが、上昇しているので、今回の検証は成功したといっていいでしょうか? 明日から経験値を上げていこうと考えています。

シグナルパネルの見かた

7種類のテクニカル分析、それぞれについて買いなのか売りなのかが表示されています。総合的に見て買いシグナルが多ければ上昇トレンド、売りシグナルが多ければ下げトレンドと判断できます。例えば、買いが6で売りが1だと上昇が強い。買いが4で売りが3だとトレンドが出ていないといった感じで考えています。 どういったテクニカル分析があるかと言いますと、・単純移動平均・指数移動平均・ボリンジャーバンド・一目均衡表・MACD・ストキャスティクス・RSIの7種類があります。

今のところどれくらいの強さであればトレードに使えるか検証中です。今は、自分の使用しているRCIでの相場観と未来チャートでの相場観が一致している時にトレードしています。 続きを読む

JFXさんの未来チャート感想

【JFXさんの紹介ページ】

売買シグナル、予測チャート、テクニカルランキングなどがあり、FXTFさんの未来チャートと同じように感じました。売買シグナル、テクニカルランキングが表示されているということで、使い方や考え方はFXTFさんの未来チャートと同じように使用すれば大丈夫かと考えています。 【続きを読む】

 

※当サイトの見解については、

 あくまでも管理人かずやんの個人的な見解です。

 最終的な投資判断については、必ずご自身でお願い致します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 注意点ですが、

 当ブログの記事などを利用してトレードで

 損失が出ても一切の責任を負いかねます。

Pocket